Just another WordPress site

ひまつぶし

[速+] 【経済】来年度予算案を閣議決定、税収がバブル期並みの59兆790億円と、27年ぶりの高水準

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


政府は22日、過去最大の総額97兆7128億円となる来年度の予算案を閣議決定しました。  来年度の予算案では、「歳入」のうち「税収」がバブル期並みの59兆790億円と、27年ぶりの高い水準となりました。このため、国の新たな借金となる「新規の国債の発行額」は33兆6922億円と、今年度より減ったものの、「歳入」全体の34.5%を借金に頼る状況が続いています。  「生活保護と医療保険、薬価と、惑星直列みたいに、30年に一度の大改正がいっぺんに来た」(麻生太郎 財務相)  一方、「歳出」では医療や介護などの「社会保障費」が診療報酬について、薬の価格などを下げたものの、医師の人件費などを増額したことなどにより、過去最大の32兆9732億円となりました。また、財政の健全化については今年度と比べ改善しましたが、いまだ10兆円を超える大幅な赤字が続いていて、今後も厳しい財政運営を迫られることになります。 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3246347.html


Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2017 All Rights Reserved.