Just another WordPress site

ひまつぶし

【悲報】このままいくと2年後には「年収400万円」でも高額所得者認定で増税されてしまうらしい・・・

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


1 :風吹けば名無し

政府の税制改正 2年後には年収400万円台でも高額所得者認定か

今回の税制改正で狙われたのは中堅サラリーマンの所得税だ。政府は、「年収850万円」 を超えるサラリーマンを〈高額所得者〉と認定し、2018年から給与所得控除を縮小する方針を固めた。 基礎控除を10万円増やす一方で、給与所得控除は一律10万円減額、控除額の上限も220万円から 195万円に引き下げられる。年収900万円で年間1万5000円、950万円で3万円、1000万円では4万5000円ほどの増税になる計算だ。

「うちは850万円も給料をもらってないから」とホッとするのは早すぎる。政府は税制改正のたびに 所得税増税(給与所得控除縮小)となる高額所得者の“認定基準”を引き下げているからだ。

「給与所得控除はかつては上限がなく、収入が増えるほど控除額は大きくなった。それが2013年から控除総額 に上限が設けられ、2016年からは年収基準が定められて1200万円を超えるサラリーマンに増税、 2017年は年収1000万円、そして2018年からは年収850万円と政府の金持ち認定基準が毎年150万~200万円ずつ下げられています」
https://www.moneypost.jp/229364

17/12/21 20:59 ID:Sn67EFY9r.net

.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }

続きを読む



Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2017 All Rights Reserved.