Just another WordPress site

ひまつぶし

異世界…『見知らぬ世界での出会い』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

s

1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 15:51:30.70 ID:3EhRQnSB0.net
はじめまして。
突然ですが、人はなぜオカルト系の話しに興味を示すのでしょうか?
数多いる霊を見た!と証言する人…また、それを否定する数多いる科学者たち…
自分に注目を集めたくて嘘の作り話しをしているのか?
見たことが無いから、見たと言う者を羨ましく妬ましく思い否定しているのか?
答えは分かりません…
話しなど、体験談だろうが狂言だろうが真実は本人しか知り得ないモノだから…

 これから私が話す内容も、真偽については読んだ方の判断に任せます。
文才は無いですし、誤字脱字もあるかもしれませんし、少し長くなりますが、興味の続く限りお付き合い下さい。

転生的なものを繰り返してるがもう嫌だ
http://world-fusigi.net/archives/6885299.html
管理人です!
今回のスレはとても長編です!
お時間があるときにでもごゆっくりお楽しみくださいね!

あとこれはオカルトnetで一度掲載した記事です。

2: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 15:52:17.08 ID:3EhRQnSB0.net
それは、私がまだ中学3年だった秋の連休…
家族でドライブに出掛けました。
目的地は観光地としても有名なKのA(地名も人名も適当にぼかします)、割と仲の良かった3人家族で、連休があればどこかに出掛けたりしていました。
私自身、内向的で学校ではイジメ?られているというか、友達は居ませんでしたので…
 秋の連休、紅葉などの観光目的の車で多少道路は混んでいましたが、それでも心地よい時間でした。
高速を降りて山道に差し掛かり、少し霧?が出てきました。
霧というよりは靄?
少し視界が悪い状態、しかし私も母も父の運転に安心していたので、何も気にしない様子で変わらずドライブ。
山の中腹くらいでしょうか…突然車が「キキキィーーーッ!」ガゴンッ!!
…事故を起こして左の崖へ転落…

3: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 15:52:53.28 ID:3EhRQnSB0.net
どのくらいの時間が経ったでしょう…
私は意識を失い、夢を見ていました…
それは光の中に両親が居て、私も慌ててそちらに行こうとしたら、父と母が「ごめんな…でもお前は必ず生きろ!」…と、そこで目覚めました。
鬱蒼とした森の中、車から放り出されたのか、木にもたれるような形で倒れていた私は、全身に電気が流れるような激痛を感じましたが、とにかく父と母を探さないと…という一心で体を起こしました。
足を引きずり、腕を押さえ辺りを見回して探したのですが見当たりません…
涙と鼻水、ヨダレや血でぐしゃぐしゃに鳴りながら数時間探していましたが見つけることはできませんでした。

続きを読む



Source link

Originally posted 2017-11-28 20:20:24.

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2018 All Rights Reserved.