Just another WordPress site

ひまつぶし

【悲報】ついに家庭の太陽光発電の「余った電気を高く買ってもらえる制度」の10年間の期限が切れ始める

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


1 :名無しさん@涙目です。

家庭の太陽光に「19年問題」160万世帯分が宙に

 家庭の太陽光発電が2019年、試練を迎える。余った電気を高く買ってもらえる10年間の期限が切れ始め、23年までに160万世帯が発電する大量の電力が買い手を失う恐れがある。
政府は再生可能エネルギーを国の主力電源に育てる方針だが、家庭が太陽光パネルを維持するインセンティブは減退する。
「2019年問題」とも呼ばれるこの課題。ドイツなど再エネ先進国にならい、「窮地」を「商機」に変える試みも広がる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30142150W8A500C1MM8000/

18/05/06 21:23 ID:YjK21hpD0.net

.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }

続きを読む



Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2018 All Rights Reserved.