Just another WordPress site

ひまつぶし

相続 被相続人の死後、相続人の存在が不明なときは、相続財産法人が法律上当然に成立し相続財産の管理、精算の効果はすべてこの相続財産法人に帰属します。ただし、相続財産法人… ➤twitter

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。
被相続人の死後、相続人の存在が不明なときは、相続財産法人が法律上当然に成立し相続財産の管理、精算の効果はすべてこの相続財産法人に帰属します。ただし、相続財産法人は観念的な存在に過ぎないので実際には利害関係人又は検察官は家庭裁判所に相続財産管理人の選任を請求する事ができます。

Source by シルバーサポート行政書士事務所

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2018 All Rights Reserved.