Just another WordPress site

ひまつぶし

[ゲー速] 【MD自作】「ダライアス」が好きすぎて個人でメガドライブに移植 46歳から始めた3年に渡るプログラミング学習の成果

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


 「3台のディスプレイで描かれる広大なステージ」「魚介類を模した巨大ボス」「プレイヤーの選択で攻略ルートが分岐」など、 画期的な設計で知られるアーケードゲーム「ダライアス」(1986年/タイトー)。 この名作シューティングを、個人でメガドライブへ移植した猛者が現れました。完成度半端ない。  作者のHIdecade(@AC_Hidecad)さんは、開発の経緯を自身のブログ「Arcade Cabinet」につづっています。 もともと3画面構成の原作を1画面仕様で再構成し、ボスのアニメーションやステージの地形など、 細部までメガドライブの性能で再現。これら全て、私蔵のオリジナル版を目で見て参考にして作った(いわば“目コピ”) というから驚きです。 参考にしたオリジナル版ダライアス(なんと 筐体もHidecadeさんによる自作!) 1画面でも、地形はオリジナル版同様。PCエンジン版では力技で再現していた二重スクロールも、 メガドライブは背景を2画面別々に描ける仕様なので容易に再現できたそうです ルート分岐で変わる、5種類のエンディングも  連射機能やサウンドテストなど、コンシューマー版らしいオプションも。 ボスはオリジナル版の11種か、PCエンジン版「スーパーダライアス」の26種かを選択可能。 26体全てと連戦するボスモードも収録しています。 オリジナル版と色違いのボスと連戦するモードを搭載  作者が開発を始めたのは2015年のこと。中学生のころに一度は挫折したゲームプログラミングに、 46歳になってから再挑戦し、ダライアスをテーマにC言語の学習を始めたといいます。 今回完成した移植版は、この3年間の成果。 ダライアスはなぜ、HIdecadeさんをそこまで駆り立てたのか、編集部は詳細を聞きました。 (以下リンク先で) 「ダライアス」が好きすぎて個人でメガドライブに移植 46歳から始めた3年に渡るプログラミング学習の成果 https://web.smartnews.com/articles/2LMcvbcSUvX (別ニュース) プレイ動画 https://youtu.be/TcvD0cMQD0Q キャプテンネオ 演奏 https://youtu.be/Ml67LopX2xU タイトーの名作STG「ダライアス」をメガドライブに自力で移植した猛者が登場 – グノシー https://gunosy.com/articles/aO2tQ


Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2018 All Rights Reserved.