Just another WordPress site

ひまつぶし

[国+] 【アメリカ】アメリカで最も危険な職業トップ20[07/23]

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


アメリカで最も危険な職業はすなわち、他の職業よりも業務中に死亡、もしくは負傷する可能性が極めて高い。 アメリカ労働省労働統計局のデータをもとに、アメリカで最も危険な職業トップ20を見てみよう。 他の職業よりも死亡、もしくは負傷する確率が高い職業がある。 アメリカ労働省労働統計局は、2016年の職業別の10万人あたりの死亡者数を発表した。 我々は、そのデータをもとにアメリカで最も危険な職業のランキングを作成。トップ20の職業は当然のことながら、アメリカの労働者10万人あたりの死亡者数の平均3.6人を上回っている。 業務中の死亡事故の原因として最も多かったのは「移動中の事故」。その後、「人や動物による危害など」「転落、転倒、つまづき」「物や機器との接触」が続いた。 アメリカで最も危険な職業トップ20を見てみよう。 ■10位(同率) グラウンド整備作業員 10万人あたりの死亡者数 : 17.4人 10万人あたりの負傷者数 : 2243人 ■9位 建設やボーリング作業の第一線監督 10万人あたりの死亡者数 : 18.0人 10万人あたりの負傷者数 : 1060人 ■8位 農家、牧場主、その他の農業管理者 10万人あたりの死亡者数 : 23.1人 10万人あたりの負傷者数 : 28人 ■7位 運転兼販売員やトラックの運転手 10万人あたりの死亡者数 : 24.7人 10万人あたりの負傷者数 : 2828人 ■6位 建築用鉄骨組み立て作業員 10万人あたりの死亡者数 : 25.1人 10万人あたりの負傷者数 : 2158人 ■5位 廃棄物やリサイクル品の回収員 10万人あたりの死亡者数 : 34.1人 10万人あたりの負傷者数 : 2702人 ■4位 屋根工事業者 10万人あたりの死亡者数 : 48.6人 10万人あたりの負傷者数 : 3257人 ■3位 パイロット、および航空機関士 10万人あたりの死亡者数 : 55.5人 10万人あたりの負傷者数 : 466人 ■2位 漁師、およびその他関連漁業者 10万人あたりの死亡者数 : 86.0人 10万人あたりの負傷者数 : 未発表 ■1位 木こり 10万人あたりの死亡者数 : 135.9人 10万人あたりの負傷者数 : 2449人 https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2018/07/21/555a0cdf6bb3f72f45c0bc17-w1280.jpg [原文:The 34 most dangerous jobs in America] http://www.businessinsider.com/the-most-dangerous-jobs-in-america-2018-7 https://www.businessinsider.jp/post-171706


Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2018 All Rights Reserved.