Just another WordPress site

ひまつぶし

【!?】林修さん、やはりお前らだった「友達は少ないほうがいい。孤独は素晴らしい!」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

「友達は少ないほうがいい」林修が孤独の素晴らしさ熱弁「孤独が嫌という人は本をあまり読まないことが多い」 | キャリコネニュース

友達は少ないより多いほうが良い、という価値観は広く浸透しているが、7月29日に放送された『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)では、林修氏が「『1年生になったら友だち100人できるかな』を否定すべき!」と持論を展開した。

林氏は「友だちがたくさんいることが良いこと」という価値観は童謡「1年生になったら」から始まったのではないかと指摘。友だちが多いことの弊害や孤独の素晴らしさを語り、「友達は少ないがいい」と主張した。(文:石川祐介)

~(略)~

「考えることは一人じゃないとできない。それを唯一可能にしてくれる孤独が寂しいんですか?」

ただ、スタジオにいたSexy Zoneの中島健人さんは「孤独になるのが寂しくなったりしません?」とドライな人間関係では不安になるのではと質問する。川合俊一さんも、友だちと予定が合わず一人でハワイに行った際、3日間誰とも話さず「寂しかった」と、孤独に対するネガティブな思い出を語った。

しかし、林氏は「孤独って寂しいんですか?」とけろっとしている。旅行の際、川合さんが「ヤングジャンプ1冊くらい」しか本を持っていかなかったことを聞いた林氏は、

「僕の莫大な経験では、『孤独は嫌だ』という人の共通点として、本をあんまり読まない」

と指摘した。

「考えるという作業は絶対一人じゃなきゃできないんですよ。(中略)人間は、考えると一人になるんです。そして一人になって自分を見つめ直す。その中で他人との繋がり方を見出していく。それを唯一可能にしてくれる孤独が、寂しいんですか?」

と川合さんに聞き返すと、川合さんは「今度、ヤングジャンプ2冊持っていきます」とコメント。スタジオの笑いを誘っていた。

https://news.careerconnection.jp/?p=57435

.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }
続きを読む



Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2018 All Rights Reserved.