Just another WordPress site

ひまつぶし

【原子力規制委】原発が火山に弱いことが判明! 小さな噴火の前触れでも原子炉停止を検討

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

1: 名無しさん 2018/08/11(土) 00:52:54.60 ID:CAP_USER9
no title

小さな噴火の前触れでも原子炉停止を検討 原子力規制委

原子力規制委員会は、鹿児島県にある川内原発と佐賀県にある玄海原発について、周辺にある姶良カルデラなど5つのカルデラ火山で巨大噴火の兆候がないか監視するよう九州電力に義務づけていますが、原子炉の停止などを判断する基準がないことから火山の専門家で作る審議会で検討を続けています。

10日、事務局の原子力規制庁から判断基準についての基本的な考え方が示され、巨大噴火の発生時期や規模を正確に予知する技術はないとして、原子炉の停止を直接判断する基準を作るのは現状では困難だとされました。
そのうえで、より小さい規模の噴火の前触れの段階でも巨大噴火につながるおそれがあるとして、原子炉の停止を検討することとし、その検討を始めるための基準を策定する考えが示されました。

実際に停止するかどうかは、規制委員会がさまざまなデータを考慮して判断するとしています。
これについて専門家からは「小さな噴火から、カルデラ噴火につながるかはわからない」とか「火山によって状態が違うのに、すべてに同じ考え方が当てはまるのか」といった意見が出されましたが、大筋で了承され、次回以降具体的な基準を検討していくことになりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180810/k10011572811000.html

【原子力規制委】原発が火山に弱いことが判明 小さな噴火の前触れでも原子炉停止を検討


続きを読む



Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2018 All Rights Reserved.