Just another WordPress site

ひまつぶし

[実+] 氷点下15℃の畑で、凍ってしまった葡萄を収穫するお仕事です(´;ω;`)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


アイスワイン用ぶどうの収穫 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/20181212/7000006315.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を ワインの産地として有名な十勝の池田町で、凍ったぶどうでつくる 「アイスワイン」用のぶどうの収穫が早朝の厳しい寒さの中、行われました。 収穫作業は池田町のぶどう畑で夜明け前の午前5時半から始まりました。 12日朝の池田町は最低気温が氷点下15度6分まで冷え込みました。 作業にあたる人たちは、頭につけた懐中電灯の明かりを頼りに、 白い息を吐きながら凍りついたぶどうをひと房ずつ丁寧にもぎ取っていました。 ぶどうが凍ると実の中の果汁が濃縮されて糖度が増すため、凍ったままのぶどうでつくる 「アイスワイン」は濃厚な甘みが特徴です。 収穫を行った池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の安井美裕所長は、 「アイスワインは北国の厳しい気候が生んだ貴重なワインです。 年ごとの違いを味わってほしいです」と話していました。 12日収穫されたぶどうで作ったアイスワインは、来年の12月ごろに販売される予定です。 12/12 12:16


Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2018 All Rights Reserved.