Just another WordPress site

ひまつぶし

江戸時代の飛脚「オイラが一日で走る距離かい? まぁ天候にもよるが80キロは余裕だな」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Beato_courier_or_postman

江戸時代の飛脚「オイラが一日で走る距離かい?まぁ天候にもよるが80キロは余裕だな」
1: 名無しさん 2019/02/15(金) 02:31:02.68 ID:ggnZxdEKa
一人で江戸から大阪まで(495km)走る通し飛脚は6日で走破してたらしい
一日80キロかよ
江戸時代中期〜明治初年における民間の飛脚問屋は、基本的には決められた「定日」に荷物を集荷すると、荷物監督者である「宰領」が主要街道の各宿場の伝馬制度を利用して人馬を変えながらリレー輸送した。荷物を付けた馬と馬方を引き連れた宰領は乗馬し、防犯のため長脇差を帯刀した。宿泊は指定の「飛脚宿」に泊った。途中、人馬継立の渋滞、現金盗難、河川増水(川止め)、地震遭遇など不慮の人災・天災により延着・不着・紛失もあった。高額の金を支払い、一件のために発したのを「仕立飛脚」といい、また早便として「六日限」「七日限」などの種類があったが、遅れがちであった。飛脚問屋が特権にこだわったのは、延着、賃銭(値上げ)などの課題を抱えていたからだと思われる。

3: 名無しさん 2019/02/15(金) 02:32:24.00 ID:ggnZxdEKa
一日二回フルマラソンしてる様なもんやでな

4: 名無しさん 2019/02/15(金) 02:32:43.82 ID:2N3XAC/00
なお肉を食わせると劣化する模様

5: 名無しさん 2019/02/15(金) 02:33:22.58 ID:5sinoOeAd
ばけもんやん

6: 名無しさん 2019/02/15(金) 02:33:41.06 ID:Dk3u/NNg0
実際にそれだけ走ってたんか?
関連記事

続きを読む



Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2019 All Rights Reserved.