Just another WordPress site

ひまつぶし

[速+] 【北海道】停電時に在宅患者へ発電機を届ける取り組み開始へ NPO法人「あいまち」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190307/k10011838531000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 停電時に在宅患者へ発電機を届ける取り組み開始へ 北海道 2019年3月7日 4時03分北海道地震 去年9月の北海道地震による大規模な停電で人工呼吸器などの医療機器が使えなくなるケースが相次いだことを受けて、北海道石狩市のNPO法人は建設業者が所有する発電機を停電の際に無償で在宅の患者に届ける新たな取り組みを始めることになりました。 北海道地震による大規模な停電で、道内では当時、人工呼吸器やたんの吸引器などの医療機器が使えなくなるケースが相次ぎ、少なくとも141人の在宅の患者が救急搬送されたことがNHKの取材で明らかになっています。 こうした中、北海道石狩市のNPO法人が電源を必要とする在宅の患者を支援する新たな取り組みを始めることになりました。 地震によって停電が起きた場合でも医療機器が使えるよう、建設会社が所有する発電機を石狩市とその周辺の在宅の患者に無償で届けるもので、すでに地元の3つの業者から協力を得ているということです。 NPO法人「あいまち」の運上昌洋代表は「災害の時に患者の命を守るには地域単位の取り組みが重要で、ほかの地域にも広げられるよう、モデルケースを作っていきたい」と話しています。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190307/K10011838531_1903070126_1903070143_01_02.jpg


Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2019 All Rights Reserved.