Just another WordPress site

ひまつぶし

[芸+] 【テニス】大坂なおみと父親、子供の頃のコーチに訴えられる 「賞金の20%を永久に受け取り続けるという契約をしていた」と主張 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


“永久に賞金の2割” 大坂なおみ選手が訴えられる  テニスの世界ランキング1位の大坂なおみ選手が、子どものころのコーチに賞金の一部を支払うよう訴えられていたことが明らかになりました。  アメリカのニュースサイト「TMZ」によりますと、訴えたのは大坂選手が13歳だった2011年に父親がテニスコーチとして雇ったクリストフ・ジーン氏です。  ジーン氏は当時、要求した報酬を父親から受け取れなかったため、賞金の20%を永久に受け取り続けるという契約をしていたと主張し、アメリカ・フロリダ州の裁判所に父親と大坂選手を訴えたということです。  これまでの大坂選手の獲得賞金は約120億円とされ、ジーン氏は少なくとも22億円の支払いを求めています。  これに対し、大坂選手側の弁護士であるアレックス・スピロ氏は「馬鹿げた訴えだ」と対決する姿勢を明らかにしています。 テレ朝news 2019年3月19日 10時31分 http://news.livedoor.com/article/detail/16182514/


Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2019 All Rights Reserved.