Just another WordPress site

ひまつぶし

【悲報】平安時代のネコの鳴き声、「にょおん」だった 「ニャー」と鳴き始めたのは江戸時代

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

1: (庭) [SI] 2019/05/06(月) 11:44:27.87 ID:z9TqTU1G0● BE:151915507-2BP(2000)
猫の「にゃー」は江戸時代以降、平安時代は「ねんねん」だった
5/6(月) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190506-00000007-pseven-life&p=1

猫の鳴き声といえば「にゃー」を思い浮かべる人が多いと思うが、
こう表現するようになったのは江戸時代以降だという。

平安時代は「ねんねん」、鎌倉時代は「ねうねう」など、
時代によって猫の鳴き声の表現は異なっていた。
江戸時代以降、猫がペットとして飼われるようになり、

徐々に鳴き声の表現が「にゃー」に定着していったといわれている。
no title


続きを読む



Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2019 All Rights Reserved.