Just another WordPress site

ひまつぶし

[速+] 【明日、24日に首都高規制】交通規制で物流会社は対策会議 東京五輪のための訓練

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190723/1000033086.html 交通規制で物流会社は対策会議 07月23日 17時05分 東京オリンピックの開幕まで1年となる24日、首都高速道路などで大規模な交通規制の実証実験が行われることから、都内に本社がある物流会社は23日、交通規制への対応を検討しました。 東京・北区に本社がある物流会社は、およそ300台のトラックを使って、関東地方の飲食店など3000か所あまりに食品を配送しています。 会社では、24日行われる交通規制の実証実験を前に、23日午後、本社と、関東地方の4つの物流拠点をテレビ会議システムで結び、交通規制への対応を検討しました。 この中で、本社の担当者は、24日は首都高速道路や環状七号線の交通規制で配送の遅れが懸念されるとして、交通規制の情報をドライバーと共有するよう指示していました。 また24日は、都心に向かうトラックの出発時間を通常より30分早くするほか、トラックの位置をリアルタイムで確認できるシステムを、物流拠点の担当者が午前5時から1時間おきにチェックして、遅れが生じそうな場合は配送先に事前に連絡することなどを確認していました。 「北王流通」の古瀬伸幸常務取締役は、「交通渋滞で食材がいつ届くのか、分からないというのは、お客様にとってもリスクだと思う。あすは午前中が混雑のピークになると思うが、お客様とも情報共有しながら取り組んで、来年の大会に向けた課題を洗い出したい」と話していました。 この会社は、東京大会で道路や繁華街が混雑するおそれがあるとして、すべてのトラックにカメラで車や人を検知して衝突を防止する装置を配備するなど、東京大会に向けた対策を進めているということです。


Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2019 All Rights Reserved.