Just another WordPress site

ひまつぶし

「バス待ち風の群衆」「木にぶら下がった人生の果てる姿」【山にまつわる怖い話】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

霧

295: 名無しさん 04/11/14 23:17:04 ID:NpVEcJpn

バス待ち風の群衆

直接山ではないのですが、峠道ってことで…

今から15年くらい前の若い頃、オートバイで北海道ツーリングをした。
網走の隣にある東藻琴村に住む友人を訪ねたのだが、予定時間を大幅に
過ぎ、彼の家に着くのは夜中になってしまった。

途中途中で(携帯なんて持ってない頃だし)公衆電話から連絡を入れていた
ので、気のいい友人は起きて待っていてくれた。
東藻琴村への山道は、バスも通っているらしく、田舎独特の小屋掛けされた

バス停がある。

その一つを通過した時、沢山の人がバス待ちをしている気配がした。
小屋の中は薄明るく、初老の農夫や女子学生らしい姿の数人が

何かはなしている様子だった。

もちろん瞬時に通り過ぎたので詳しくは見えなかった。
その時感じたのは「田舎なのにこんな遅くにバスが走るんだな…」
ということくらい。

友人の家に着き、久しぶりの再会を懐かしみながら酒を飲んで、眠った。

翌日、網走に出るために北道を再び通った時、何か気になって昨夜の
バス停をのぞいてみた。

時刻表を見ると、夜9時以降の記載はない。
小屋の中には照明などもちろんなく、夜中に中が薄明るく見えることなど
あり得ないのに気付いた。

あの時見たバス待ち風の群衆は、なんだったのだろう…。

続きを読む



Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2019 All Rights Reserved.