Just another WordPress site

ひまつぶし

【!?】国内パソコンシェアトップが初めて海外勢に・・・NECと富士通の牙城はなぜ崩れたのか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

1 :

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00000004-nikkeisty-life&p=2

■海外メーカーがシェアトップに

そのひとつが、国内パソコンメーカーの初の首位陥落だ。

IDCジャパンによると、2019年第1四半期(2019年1~3月)のブランド別シェアにおいて、 日本HPがトップシェアを獲得。2位にはデルが入った。

これまでの国内パソコン市場の歴史においては、富士通やNECが常にトップシェアを獲得していた。 その構図が初めて崩れたのだ。

背景には、外資系パソコンメーカーが、グローバルで調達したインテル製CPUを優先的に
日本市場に供給したことがあげられる。日本市場では、単価が高いパソコンが売れる傾向があり、 より利幅が確保しやすい日本市場向けにCPUを回すという戦略を打ち出した結果だ。

富士通クライアントコンピューティングやNECパーソナルコンピュータも、グローバルでCPUを 調達できるレノボグループ傘下にあるが、日本HPやデルほどには日本市場を優先しなかったことも 影響している。

全文はソース

19/08/22 15:57 ID:?
.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }
続きを読む



Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2019 All Rights Reserved.