Just another WordPress site

ひまつぶし

[速+] 【社会】九頭竜湖事件で2審も無期懲役の判決 「首謀者性は明らか」 名古屋高裁

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


12/4(月) 19:45配信 九頭竜湖事件で2審も無期懲役の判決 「首謀者性は明らか」 名古屋高裁 メ〜テレ(名古屋テレビ) 九頭竜湖事件の控訴審で、1審と同じ無期懲役の判決です。 判決を受けたのは岐阜県美濃加茂市の林圭二被告(45)です。判決によりますと林被告は2011年に知人の森岡まどかさん(当時27歳)の首を絞めて殺害し遺体を福井県の九頭竜湖に遺棄したほか、2009年に同居していた浅埜江里さん(当時26歳)を窒息死させました。1審の名古屋地裁は無期懲役の判決を言い渡し、控訴審で弁護側は森岡さん殺害の際に主導的な立場ではなかったことや、浅埜さんに対する傷害致死の事実認定に誤りがあることを主張しました。4日の判決で名古屋高裁は「首謀者性は明らか」としたほか傷害致死の事実も認め、1審判決を破棄し没収金に関する部分を変更した上で、林被告に改めて無期懲役を言い渡しました。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00175179-nbnv-l23


Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2017 All Rights Reserved.