Just another WordPress site

ひまつぶし

[速+] 【埼玉】「ハイビームはつけないというマナーの意識を変えれば事故は防げる」 夜間事故多発で、県警が注意呼びかけ★5

 
この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。


前年同期比で24人増と増加数は全国トップで、65歳以上の高齢者が死者の半数以上を占めている。歩行者がはねられる事故や、 夜間の発生が多発していることから、県警は1日から始まった冬の交通事故防止運動で歩行者の反射材の着用や、 運転時のハイビームの活用を呼びかけていく。  昨年1年間の県内の交通事故死者数は151人。今年はすでに11月末時点で死者数が10人上回っており、 愛知県の172人に次ぐ数になっている。  死者のうち88人(54・7%)が65歳以上の高齢者となっており、歩行者が49人を占める。 また、死者全体の60・2%にあたる97人が夜間の事故で死亡している。  一方で、県警交通企画課によると、今年1〜9月末までに発生した夜間の死亡事故75件の中でロービームだったのは9割近くの65件。 ハイビーム点灯中の死亡事故は1件もなかったという。  警察庁は、3月から「交通の方法に関する教則」にハイビームの使い方を明記し、交通量の多い市街地を除き、 ハイビームを使うべきだとした。教則では、対向車と行き違うときや、他の車の直後を通行している時は ロービームへのこまめな切り替えを求めている。同課の市川弘明次席は「夜間の死亡事故の状況を調べると、 ほとんどのケースでドライバーが歩行者を発見していなかった。ハイビームはつけないというマナーの意識を変えるとともに、 歩行者が反射材を付けてくれれば事故は防げる」と呼びかけている。 読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/20171203-OYT1T50006.html ★1 2017/12/04(月) 11:08:12.14 http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512388452/


Source link

この記事を書いている人 - WRITER -
注意:この記事は、記事引用元から自動投稿されています。 記事の最後に引用元が記されています。 引用元リンクをクリックすると、記事引用元に移動します。

Copyright© ひまつぶし , 2017 All Rights Reserved.